蓮華寺池

 

 

 

展示会を終えました。

たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

良き出会いに感謝、励みになります。

プレートは展示後も販売する予定です。ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

クルミのキャビネット

その後のホゾ加工の上手くいくためには、四角形のカット精度も大事

 

 

クルミ加工

 

 

 

加工が続きます。

図面で綿密に描いたデータを木に記して、正確に切削していきます。

セッティングが大事で、仕口加工は緊張感がある。

クルミは思ったより粘りのある材料だ。

 

 

 

 

 

 

蓮華寺池公園内に新しくできた、ASUHA2Fのギャラリーのグループ展に

プレートとスツールを出品しています。

 

 

 

 

hygge

静岡県藤枝市若王子1-481-4

6月8日ー19日

10:00ー16:00

 

はぎ合わせ

 

 

 

手押し鉋盤の刃を交換

 

この仕事のために増やした馬がいろいろと活躍。

今更だけど、板のはぎ合わせの時 馬の方が作業しやすいみたい

今回は 柾目材がたくさんあったので、中央を板目にして、

両脇に柾目を配した3枚ハギのものが多い。一枚の板のような感じの構成

 

 

 

 

 

 

 

 

木造り

 

 

 

他の仕事があって少し間が空いてしまったのだけど、

キャビネットの木取りを進めています。量が多いので大分時間がかかってる。

木理に逆らわず、狂いの少ない木取りを心がける。

なおかつ無駄なく早い判断をしたいのですが、まだまだ修行がいるなと思う。

 

この前、木工家の方々と行った自然食の料理がおいしかった。

小さい頃、この時期になると祖父母の家に行って、夢中でわらび採ってたくさん食べた。

この辺りも昔はたくさんあったみたいだけど、大分少なくなってしまったようでさみしいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

納品

 

 

 

富士宮市へ納品に行ってきました。

独立当初から家具を買っていただいているクライアントが

新築の機会にダイニングテーブルとNada chair の注文をしてくださいました。

 

以前よりあった赤いクラウンチェアーと合流。

ダイニングからみえる、駿河湾を望む 茶畑の景色が気持ちいい

 

建築設計は、one design/ワンデザイン建築設計事務所

住み手の人生が感じられる、居心地の良い住処になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいだの日

 

 

 

午前撮影 午後木取りの日

朝比奈川の水位が徐々に上がってきている

 

 

 

 

オイルフィニッシュ

 

 

 

ダイニングテーブルのオイル塗装と共に、

出荷前の椅子と、いつも使っているサイドテーブルのオイルメンテナンス。

何年も使われた木材にオイルが浸み込むのもまた格別

 

ただただ木目は美しい。山に生きる樹から、削り出された木が

オイルに浸された時の感動を忘れない。一つの原点 ファンタジア

 

 

 

素材

あたたかくなってきましたね。

朝比奈川も水量が増してきました。

 

木になんとなく惹かれ続けてきたけど

ここにきてようやく素材に向かう気持ちがわかりはじめてきている気がする

形に向かうというより 素材に向かう ってもしかしてこんなかんじなのかな

 

おぼろげながら 小さな気づきがありました。

 

 

 

 

 

ブラックチェリー

 

 

相棒チェリー。一番作らせてもらってる北米産のサクラ

いい木取りができた。これで少し寝かす。

非常にシンプルな 丸いダイニングテーブルを作る。

いろんな意味で基礎的なことに帰れて、良い機会になっている。

木工を難しく考えすぎていたので。削る、指す。それだけ。

 

 

 

 

 

土曜には、七尾旅人が静岡に来るということでライブハウスに行った。

突然、なんと息子をステージに上げてくれて、一緒に叫んだり、ローリンローリンを歌ったりした。

震災後に唄った Memory Lane って そんな曲だったんだね。

家族で忘れられない思い出になった。ありがとう。

栃くんには、ぼくには触れられないものが入ったね きっと。

 

 

 

胡桃

 

 

 

次の制作で使う北海道産のクルミ材が到着。

クルミを家具でしっかり使うのは初めてだと思う。

優しい表情が印象的で、いつかキャビネットに使いたいと思っていたので楽しみです。

 

 

 

 

 

 

工房では、ダンボールに入ったままだった型や治具

ようやく壁に展開した。