雨が続きますね。

ここまで降ると、キャビネットは梅雨明け後の板の反りが心配なので、

今後予定している制作物の試作をしています。

試作材はホームセンターのホワイトウッドやSPFを使っています。

気軽に使えて良かったのですが、節も多いし、検討でいじくり回すには適していない気がしてきました。

しかし一日中ああすればいい こうすればいいと考える日々、少し疲れたな。

自然体ってなんだろう。

 

去年いただいたヒラタクワガタが越冬して、2年目の夏を迎えています。

個室だったのですが、最近2匹のカブトムシがいるカゴに入れたところ、

今まで一匹で静かだったヒラタが、バキバキの威嚇と動きで、カブトと互角以上の戦闘能力を発揮。

とてもいいフォルムをしているのです。

 

 

 

 

ナラ

 

 

 

工房ではキャビネットの木取りが始まり、ナラの匂いがします。

 

ナラは貴重な材になった。

素朴で重厚。(柔らかめのもある) 板目と柾目で変わる斑の表情に、なんとも言えない親しみがある。

使えなくなってしまったら寂しいなあ。

オーク類の一種だが、ナラ材というとぼくの知る限り、ロシア産、日本産のことをいう。

日本には北海道産が特に有名なミズナラという材があるが、区別はどのあたりにあるのかな。

昔のいいナラはピンク色をしていた(挽いた時?)ということを聞いたことがある。

北米産でホワイトオークという材もある。同じ類だが、ナラよりさらに重厚。

ヨーロッパにもオークはあると思うけど使ったことはない。

 

自然材料であり、10年後にはどうなっているかわからない。

いい制作をしたい。

 

 

 

 

近くの山

 

 

 

ダイラボウという山に行ってきました。

いつも囲まれている近くの山ですが、登ってみたらとても景色が良くて感激しました。

身近で気に入った場所があるっていいですね。

藁科川を横断している道路は新東名です。

 

 

妻と小さなボウルとスプーンを買ってきました。

なんだか懐かしくなって柳宗理デザインのモノを並べてみたら、すべて画像にはありませんが15点くらいありました。

カトラリーシリーズ好きですね。オタマやボウルも綺麗。

学生時代には大学に講演に来てくれたこともありました。

その制作スタイルも含めて、これが美しいのだということが太く伝わってきます。

 

 

 

 

茶畑

 

 

 

朝比奈の茶畑に黒い寒冷紗が被りました。

日光を遮ってじっくりとお茶を育てているようです。

祖母の家は茶畑に囲まれていました。

ぼくはこの家が大好きで、山間に張り巡る茶畑の中を冒険したことを よく思い出すのです。

いろいろと次のことを考えています。

でもできることは限られている

寧ろ一つ今大切なことにしっかりと向き合うこと。

 

 

 

撮影

クルミのブックキャビネットの撮影をしました。

制作には長い時間がかかりますが、旅立は早いものです。

撮影はそれなりに手間がかかるけど、

写真にとどめておくことで、自分の整理にもなっている気がします。

来週いよいよ納品です。

 

 

塗装

 

 

オイル塗装を終えました。

 

ドアノブも完成。

正面から小さなネジで止める物です。

夕方、カジカガエルが鳴いていてかわいい

 

 

 

地道

川に水が流れて新鮮だ。

 

先々週、Snow design office さんの設計する住宅完成見学会に行ってきました。

端正な住宅。いつも良い気持ちにさせてくれます。

コーヒーもいただきリフレッシュ

 

梅が咲いて、早咲の桜も咲き始めている。

いろいろと思案を練る

地道。地道。がんばれ がんばれ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引手

 

 

最近の朝の曲はレイハラカミで安定。

でも土曜はNHK-FM

今回試みた引手。

取り付けて足すのではなく、削り出してつくる。

 

合間をみて 気分を変えて頼まれている

ドアノブもつくる。

 

 

部品

 

 

 

家では息子がプラモデルを母に買ってもらって盛り上がっている。

細かくて まだ彼には難しそう

簡単なのからやっていこうと 難しいのをやりたがるのを

抑えていたが、熱中している姿をみると 良かったのかな。

 

あんなに夢中になったタミヤやバンダイが

こんなに近くにあるなんて、小さい頃は知らなかった。

 

自分がいいと思う形で、一つ一つパーツをつくるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

年の瀬

 

 

 

大掃除を終えました。

今年も地味だが大変な1年だった。

でもいいこともたくさんあったし、

何より日々制作できることに感謝です。

良いお年をお迎えください。