瓜系のフォルムすき。

コーヒーが美味しい季節になりました。 

 

基本的には図面通りだけど、ここだという所は立ち止まる。

良い物になりそうな気がする

空気が乾いてきて 繊細な音楽が聴きたくなる

電子音楽は 感情というより 脳の電波とリンクしてる

 

 

 

 

箱組

 

 

 

3体のクルミのキャビネットを組み上げた。

高さは2m近くあり 無垢材の箱物としては大きい

接合部も多いので、部分に分けて慎重に組みました。

 

ようやっとここまできた。

引き戸や背板がついて表情が出てくるのが楽しみだな。

 

 

 

 

 

 

台風が過ぎていきました。

大量の雨を落とし  朝比奈川もかなり水位が上がりました。

 

先週は什器用として 馬の依頼があり制作。

馬というのは作業の際  作業台にしたり材料置きにしたりする仮設用の脚の事。

いろんな馬があるが ホゾ組みの馬はシンプルで丈夫でいい。

作業に関わらず  什器やインテリアなど 様々な場面で使えると思います。

 

それから少し前になるけど  プレートも完成。

これもぼくのイメージする ささやかなボリューム

藤枝市蓮華寺池公園のhyggeさんにも納めましたので 是非足を運んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫送り

夏のおわりに気持ちいい

明日から9月

頭の中をクリアに

 

 

 

 

 

 

 

8月

 

 

 

工房内35℃を超えてきた。

朝比奈川は川遊びの人がたくさんいて気持ち良さそう

再結成したようでラジオで流れる 久々のナンバーガール。

 

この前 息子と一緒に釣りを教えてもらった。

初めて大きな魚が釣れた時 うれしそうだったなあ

 

なんにもない そして作る。

 

 

 

 

 

 

 

 

準備

 

 

湿度が高い日が続いたので プレートの木取りをしました。

家具の方の制作でたくさん木端が出ているクルミ

きれいな縮み杢の出そうなカエデなど、

どんな表情を見せてくれるか楽しみです。

いよいよ梅雨明けですね。

 

三島 沼津

 

 

 

三島に打ち合わせに行ってきました。

実際に家具が置かれる場所に、型紙を置いてクライアントと

相談しながらボリュームの検討する。

やはり現場に行くとわかることがたくさんあります。

 

帰りに修行時代の先輩が設計した自邸を拝見しに沼津へ

様式は一新しながらも昔の家を思い起こさせる住まいでした。

仕事の仕方や考え方、昔の話 今後のことなど とても楽しいひと時でした。

 

 

 

 

Volume

 

 

 

次の仕事のことを考えています。

ダイニングスペースに置かれるキャビネット

用途は特別ないが空間をつくる家具

とてもやりがいがあります。

木製キャビネットは、椅子に劣らぬ魅力的な物体です。

 

置く場所が定められているので まずはサイズ ボリューム

 

 

 

 

建築

はぎあわせが多い。

 

建築を勉強し始めた頃 

工事中の建築が好きで、仮設足場で囲まれた大きな建築が 養生で覆われている姿に惹かれた。

特に日常建築にはない上下運動を可能にする仮設階段が、遊びゴコロを増大させた

そんなことは今思うことで、全く無意味に楽しそうな感じがした。

 

そんな中、レンゾピアノとリチャードロジャーズが設計した

ポンピドゥーセンター(フランスの国立近代美術館)を本で見た時は衝撃を受けた。

 

興味を持ち始めて半年未満 夢を与えられた。

 

 

 

凹凸☆

 

 

 

工房に向かう途中に玉虫がいました。

昆虫館以外で見たのは初めて。 うれしい

エノキの葉がみつからなかったので ケヤキの葉をエサにしたが、

あんまり食べないようなので名残惜しいけど逃しました。

 

クルミのキャビネットは側板に指すオスホゾを加工。

引戸で棚板も多いので加工する所がだくさんある