あいだの日

 

 

 

午前撮影 午後木取りの日

朝比奈川の水位が徐々に上がってきている

 

 

 

 

オイルフィニッシュ

 

 

 

ダイニングテーブルのオイル塗装と共に、

出荷前の椅子と、いつも使っているサイドテーブルのオイルメンテナンス。

何年も使われた木材にオイルが浸み込むのもまた格別

 

ただただ木目は美しい。山に生きる樹から、削り出された木が

オイルに浸された時の感動を忘れない。一つの原点 ファンタジア

 

 

 

素材

あたたかくなってきましたね。

朝比奈川も水量が増してきました。

 

木になんとなく惹かれ続けてきたけど

ここにきてようやく素材に向かう気持ちがわかりはじめてきている気がする

形に向かうというより 素材に向かう ってもしかしてこんなかんじなのかな

 

おぼろげながら 小さな気づきがありました。

 

 

 

 

 

ブラックチェリー

 

 

相棒チェリー。一番作らせてもらってる北米産のサクラ

いい木取りができた。これで少し寝かす。

非常にシンプルな 丸いダイニングテーブルを作る。

いろんな意味で基礎的なことに帰れて、良い機会になっている。

木工を難しく考えすぎていたので。削る、指す。それだけ。

 

 

 

 

 

土曜には、七尾旅人が静岡に来るということでライブハウスに行った。

突然、なんと息子をステージに上げてくれて、一緒に叫んだり、ローリンローリンを歌ったりした。

震災後に唄った Memory Lane って そんな曲だったんだね。

家族で忘れられない思い出になった。ありがとう。

栃くんには、ぼくには触れられないものが入ったね きっと。

 

 

 

胡桃

 

 

 

次の制作で使う北海道産のクルミ材が到着。

クルミを家具でしっかり使うのは初めてだと思う。

優しい表情が印象的で、いつかキャビネットに使いたいと思っていたので楽しみです。

 

 

 

 

 

 

工房では、ダンボールに入ったままだった型や治具

ようやく壁に展開した。

 

 

 

 

Mt.Fuji

 

 

 

ようやくできた図面を持って富士宮市へ

お陰様で来年への準備ができた

久しぶりに会った富士山はとても壮大でした。

 

良いお年をお迎え下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅完成見学会

 

 

15(土)ー17(月)に行われた、Snow design officeさんの住宅完成見学会にて、

家具と小物の展示販売をさせていただきました。

 

最近感じていることでもあるのですが、自然に近い素材には 人間が計画できない、有り余るほどのものがある。

良く理解して計画して使うのだけれども、それでも尚 自然は溢れ出ている。

そういうものに包まれることは、とても豊かなことだと感じています。

 

コントロールすることで目的は達成されても、コントロールしきれないところに豊かさがある。

コントロールしきれないものを使わせていただくということは、そういうことなのかな。

 

基本といえば基本なのですが、

ぼくにとって、そんな自然素材への再発見をさせてくれる住宅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週2

 

朝、仕上がったプレート達

いろんな種類の木でたくさん作りました。

 

 

 

 

引手も仕上がった。

 

 

 

 

日曜はコースター屋さんでした。

 

先週

 

 

2期目のプレートの制作。

家具制作で残った木っ端たちが使われるのがうれしくて、木取り過ぎてしまった。

普段あまり使わない木もあって、木肌を久しぶりに見ることができてまたうれしい。

ケヤキとかサクラとか。ホワイトアッシュやメープルもひさしぶり。

 

 

 

 

ただのプレートだけど、丁寧に工程を踏んで仕上げていきます。

たくさんあるので以外と手間がかかる。

妻にもがんばってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

合間に、住宅の開き扉の引手も制作。

好きな量感。いい感じになると思う。

 

備品

 

 

次の家具の設計をしながら、事務所で必要になったコースターを制作。

備品も自分の事務所らしいものにしていきたい。

シンプルなプレートだけど、量感や細部、気に入ったものになりそう。