New year

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

長野2

 

 

 

二日目は、茅野市神長官守矢史料館に行ってきました。

設計は藤森照信。故郷の縁が生んだデビュー作のようです。

 

稲作現代 量産や、統治と祭祀の歴史

建築と共に、内容も一日目に通じるようで よかったなあ

茶室が浮かんでますね。

 

諏訪湖を眺めながらドライブ

制作がんばろう。

 

諏訪大社を参詣して帰路につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長野

 

 

 

11月 長野県に親族で旅行に行って参りました。

妻方の父の憧れ。縄文

向かったのは茅野市にある尖石縄文考古館。

 

八ヶ岳山麓の豊かな自然を舞台に、今から約5000年の昔、縄文文化が繁栄。

1986年に土偶(縄文のビーナス)、2000年に土偶(仮面の女神)が発掘される。

今回は残念ながら、他の展示に貸し出し中ということで複製でしたが

ずいぶん前に東京で見たとき、素朴という言葉は使えない、

高次元な精神性を感じたことを思い出しました。

 

発掘された出土品や、資料を眺めていると、

造形や模様、キャラクターの要素を 引用したり再構成したりして、

みんなでイメージを共有して造形を楽しんでいる様にもみえる。

 

八ヶ岳があり諏訪湖があり、広大な畑や紅葉に満ちる広葉樹。

土偶というイメージを通して、もりもりとした、ふくよかな風土を感じた。

こんなイメージと生きた人間のことを思う。

 

 

下の写真の縄文のーナスは、

上から見ると鍋のような冠のてっぺんに、ぐるぐるのアンテナの様なものがあって、

そういうところが気になるところ。

 

その後、尖石温泉 縄文の湯へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆休みを終えた。

ここ数日 朝方涼しくなった

 

休日は 友人と会ったり 息子と川で遊んだり して過ごしました。

焼津海上花火が 台風で中止になってしまって残念

土曜には 小学生以来の友人宅での流しそうめん

こどもたちも大はしゃぎ  めっちゃ楽しい

 

先週末 庭屋さんからムクノキと樹の丸太をいただいた。

どんな木肌かはわからないけど 長いこの丸太から何ができるかな

大変だけど 制作する日々が やっぱり自分にとって健全のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまえ 御前崎港のお祭りに行ってきました。

船乗り体験がとても気持ちよかった。

 

そのご 磯遊び 夢中になってしまいますね。

なんか面白いのいないかなと思っていたら タコの足がひょろり

でも岩の隙間からなかなか出てこないので、あきらめて帰ろうとしたところ

息子がタコが移動したのを発見! すかさず友人が捕まえてくれました。

 

初めての体験だったし、家に帰って美味しくいただきました。

息子はあんなに喜んでいたのに好きじゃないみたい

小さなカニも食べてみた。

食べてみたくなってしまうところがあります。

 

 

 

 

 

 

うつろうけしき

 

 

 

 

工房に行くときにいつも通る 好きな場所

 

学生時代より親しくしていただいている美術家 奈木和彦さんの個展に行ってきました。

ボタニカ・アートスペース(静岡市) 今月26日(日)まで

 

 

 

 

GW

 

 

 

長い連休が終わりました。

友人が工房に遊びに来てくれたりして、のんびりと楽しい日々を過ごしました。

いろんな出来事を重ねて、この地とも大分親しくなってきた。

今年になって気づいたのだけど、桜が散った後、藤の花がひそやかに満開でとても気持ちいい。

たくさんのイメージがあるなあ 一つ一つ実現したい。

 

 

 

 

2019

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

 

朝比奈大龍勢

 

 

初めての龍勢は、このまま夜まで のんびり空を眺めてられたら最高だな と思った頃に雨が降ってきた。

ちょっと不思議な一日。

岡部朝比奈に移転して最初の地域の大行事。

いろんなことが頭を過ぎっていた時、急に空間の圧力が変わって 現実がついてこれなかったのかもしれない。

 

次の龍勢、そしてその次の龍勢は息子たち学年が、打ち上げ前の口上を詠む。

ぼくらはどんななってるんだろうな

 

虫送り

岡部町の殿地区で行われた「虫送り」

あぜ道に立てられた松明に、だんだんと火が灯されていく

静けさに癒されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む >>
1