2013 - 2014

 

景色はとても遠くおおきくなっていく

消えてしまうくらい

もう届かないし わからない

そこに感触はあるのだろうか

 

 

やわらかい

あたたかいモヤのような

感触だけが残っている