北陸

 

 

 

表彰式、講評会があり富山県高岡市に行って参りました。

高岡市には路面電車が走っているんですね。

昔、建築研修旅行で金沢に行ったことがありますが、富山県は初めてだと思います。

 

高岡市は加賀前田家2代当主の前田利長公が、城下の繁栄をはかる産業政策の一環として

金工や漆工の職人を集め、様々な物品をつくらせたのが ものづくり文化の歩みとなったそうです。

レセプションなどでお話していると、産業と作家 作品や商品 それらの距離感や関係性について

自分の普段の観点とは違う点があり、色々と考えさせられました。

それは本コンペ結果にも現れているように思います。コンペを通じて審査員や作家さん、

開催側の方々、たくさんの方と話す機会があり、貴重な経験をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北陸にたくさんの工芸があることは なんとなく知っていたのですが、

やはり体で感じないと わからないことばかりです。

モノづくりが好きだからか また訪れてみたいと思いました。

まずは南砺市の井波彫刻を見てみたいですね。

 

和菓子が好きな妻は高岡の和菓子に大喜び。

台風で荒れる日本海を眺めて帰ってきました。