時間

 

 

今年は雪がたくさん降った

こんなに降ったのは久しぶり

 

独立して数年後 少し遠回りして造園の仕事を志した

同郷の友達が 突然東京から来てくれた

するとその日の夜から 雪が降りはじめて

翌朝には 何かが止まったかのように景色が一変していた

雪に不慣れな 静岡育ちの2人でタイヤチェーンをつけて

大きな杉の木のある神社に行ったことを思いだす

 

時間は流れている

ずっと目を逸らさず対象をみつめてきたが

ぼく自身は何も変わっていないのかもしれない