レベル95

造形物は完成されつつある

朝比奈川では ここ一週間で小さな魚が泳ぎはじめた

 

左右対称は重力に対して安定的な形だが、命を持つことは それが常に崩れていく危うい現象でもある。

だから重力に 対称的に 常に補正し、正しく生きる事が健全だが、しかし一方で崩れていっている

 

作者がなぜか居てしまう現実世界を、またなぜか居る作者の現実世界に、

微塵たる一瞬でも差し込みたい。非常に現実に近いこと 肉に近い

 

この桧は、今 造らせてもらってるキャビネットのクライアントの家に生えていた樹

 

 

 

GW

 

 

 

長い連休が終わりました。

友人が工房に遊びに来てくれたりして、のんびりと楽しい日々を過ごしました。

いろんな出来事を重ねて、この地とも大分親しくなってきた。

今年になって気づいたのだけど、桜が散った後、藤の花がひそやかに満開でとても気持ちいい。

たくさんのイメージがあるなあ 一つ一つ実現したい。

 

 

 

 

2013 - 2014

 

景色はとても遠くおおきくなっていく

消えてしまうくらい

もう届かないし わからない

そこに感触はあるのだろうか

 

 

やわらかい

あたたかいモヤのような

感触だけが残っている

 

 

 

木造り

 

 

 

他の仕事があって少し間が空いてしまったのだけど、

キャビネットの木取りを進めています。量が多いので大分時間がかかってる。

木理に逆らわず、狂いの少ない木取りを心がける。

なおかつ無駄なく早い判断をしたいのですが、まだまだ修行がいるなと思う。

 

この前、木工家の方々と行った自然食の料理がおいしかった。

小さい頃、この時期になると祖父母の家に行って、夢中でわらび採ってたくさん食べた。

この辺りも昔はたくさんあったみたいだけど、大分少なくなってしまったようでさみしいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

-

 

 

 

変容がつづいている

 

夕方、この時期に虫の鳴き声?と思ったら

カジカガエルという蛙みたい 

 

 

 

 

丸いダイニングテーブル

 

 

Round Table

 Φ1100 H700

ブラックチェリー

オイルフィニッシュ(ウレタン混合)

¥185,000(税込、送料別)

 

丸いダイニングテーブルを制作しました。

正円は魅力的なカタチです。

直径110cmは4人掛けでちょうどいいサイズ。6人でもいけます。

シンプルながら部材寸法や面取りなどディティールに丁寧に設計制作しました。

チェリーは使うほど やさしい味わいのでる、親しみのある材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納品

 

 

 

富士宮市へ納品に行ってきました。

独立当初から家具を買っていただいているクライアントが

新築の機会にダイニングテーブルとNada chair の注文をしてくださいました。

 

以前よりあった赤いクラウンチェアーと合流。

ダイニングからみえる、駿河湾を望む 茶畑の景色が気持ちいい

 

建築設計は、one design/ワンデザイン建築設計事務所

住み手の人生が感じられる、居心地の良い住処になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいだの日

 

 

 

午前撮影 午後木取りの日

朝比奈川の水位が徐々に上がってきている

 

 

 

 

オイルフィニッシュ

 

 

 

ダイニングテーブルのオイル塗装と共に、

出荷前の椅子と、いつも使っているサイドテーブルのオイルメンテナンス。

何年も使われた木材にオイルが浸み込むのもまた格別

 

ただただ木目は美しい。山に生きる樹から、削り出された木が

オイルに浸された時の感動を忘れない。一つの原点 ファンタジア

 

 

 

生成

 

 

 

この前ぼくにとっては大変なことが起きた。

制作中のオブジェクト4の前脚が折れた。2本同時に。

折れたらくっつけて、描き紡いでいる像に向かうつもりでいたのだけど、なぜか苦しい。

数日悩んだけど、そのまま彫り続けることにした。

もう拳くらいの大きさ