今日は静かに

 

今日は一日、部屋での作業かな

文章を考えたり、写真を整理したり

テーブルも完成に近づいてきた

いいモノになりそうだ

オブジェクト2誕生しました

Name/ U / Object_Post

制作開始/ 2017.3.18

制作終了/ 2017.10.12

イメージの運搬者

 

総動員

 

テーブル裏の脚部の付け根を含む、腹と呼んでいる部分の削り出し

この種のテーブル造形の肝となる所

細部を削る道具たちを総動員させて なんとか仕上げていく

ここの成形が地味だが難しいんだ

 

 

 

お世話になっている建築家の友人家族と、建築研修を兼ねて豊橋の動物園へ

動物は何度会っても発見がある サイがスゴい

園内には自然史博物館があって、生命の起源と進化について展示されていた

命とその身体の進化を辿っていく かなり喰いついた

命が関わる物に興味があるんだろうな

そして次元は 果てしなく遠くかけ離れているが、機能と物の関係を考えながら ぼワぁーっと いめーじしているよ

 

ともあれ とっても楽しい一日だった。

今いろんなことが動いている 行ったり戻ったりで、

山あり谷ありだけど、そして不器用なところもあるけど

がんばっていきたい

 

組立

 

 

組立作業を終えた

無事組み上がってよかった。

 

4本の脚を立てると当然立体になるのだけど

この瞬間いつもちょっと不思議なんだよな

空間認識って不思議

 

柱一本で何かが変わる感覚は、建築や家具の魅力的なところ

 

 

 

行方

日が暮れるのがはやくなった

オブジェクト2は 相変わらず外で作業していて、前は夕方6時半頃までできたのにな と思う

 

この立体像に関して、頭の中で観ている画像が4つぐらいある

それが一体にならない

相手をしている材料はどんどんどんどん削られていくので、なくなってしまうのではないかと不安になる

無理なら どの画像か止めればいいのだが、できそうな気がするんだ

 

しかし いいとこまできている レベル97だ

 

 

抽出

 

 

 

近況

台風がきて 葉が落ちる

うちの前にある4本の柿の木は 四つ溝柿という渋柿だけど

めっちゃ疲れた時に完熟したのを食う

 

 

 

 

 

金曜日には友人が設計した建築に会いに神戸へ。

撮影のため家具を使っていただいた。

 

 

Lv90

最初は持って歩くことが不可能なくらいの丸太だったが、大分軽くなった。

もう重いという感覚はない。大分デキテキタ 大分デキテキタと、ここのところずっと言っている

気がするが、明確な終わりは見えない。それでもレベル90くらいまで きていると思う。

 

楠の木は今まであまり縁がなかったが、とても作業していて気持ちいい材だ。

サクサクしていて加工しやすいし粘りもある。

先人が仏像彫刻で使用したのもうなずける。

 

もう形が大きく変わることはないが、そことは違う何かをつくっているのだと思う。

 

今回の作品は形体の認識のため、今でも外での作業が多いのだが、

蚊に悩まされて、蚊取線香を初めて使用したが効果が絶大で驚いた。

なんで今まで使わなかったんだろう。

線香の香りも妙に落ち着く。

 

内蔵

涼しくなって作業もしやすくなってきた

天板の裏面の荒どりを終えた 

この種のテーブルは 天板と4本の脚だけから成るものだが

造形の基本となる物語を完成させるには長い時間がかかった

天板裏はテーブルの幹部で 構造が内蔵されている感じだ

 

墨付け

 

どのくらいの大きさの正円を どこに配置するか

全体像との関係の中で 複数の直線がジリジリと移動し確定していく

材木に墨を引き 数値を入力する ぼくの実用家具の生命線