このまえ 御前崎港のお祭りに行ってきました。

船乗り体験がとても気持ちよかった。

 

そのご 磯遊び 夢中になってしまいますね。

なんか面白いのいないかなと思っていたら タコの足がひょろり

でも岩の隙間からなかなか出てこないので、あきらめて帰ろうとしたところ

息子がタコが移動したのを発見! すかさず友人が捕まえてくれました。

 

初めての体験だったし、家に帰って美味しくいただきました。

息子はあんなに喜んでいたのに好きじゃないみたい

小さなカニも食べてみた。

食べてみたくなってしまうところがあります。

 

 

 

 

 

 

オブジェクト3

3番目のオブジェクトが完成しました。

 

制作開始/2018.5.2

制作終了/2019.6.1

 

 

 

はぎ合わせ

 

 

 

手押し鉋盤の刃を交換

 

この仕事のために増やした馬がいろいろと活躍。

今更だけど、板のはぎ合わせの時 馬の方が作業しやすいみたい

今回は 柾目材がたくさんあったので、中央を板目にして、

両脇に柾目を配した3枚ハギのものが多い。一枚の板のような感じの構成

 

 

 

 

 

 

 

 

うつろうけしき

 

 

 

 

工房に行くときにいつも通る 好きな場所

 

学生時代より親しくしていただいている美術家 奈木和彦さんの個展に行ってきました。

ボタニカ・アートスペース(静岡市) 今月26日(日)まで

 

 

 

 

レベル95

造形物は完成されつつある

朝比奈川では ここ一週間で小さな魚が泳ぎはじめた

 

左右対称は重力に対して安定的な形だが、命を持つことは それが常に崩れていく危うい現象でもある。

だから重力に 対称的に 常に補正し、正しく生きる事が健全だが、しかし一方で崩れていっている

 

作者がなぜか居てしまう現実世界を、またなぜか居る作者の現実世界に、

微塵たる一瞬でも差し込みたい。非常に現実に近いこと 肉に近い

 

この桧は、今 造らせてもらってるキャビネットのクライアントの家に生えていた樹

 

 

 

GW

 

 

 

長い連休が終わりました。

友人が工房に遊びに来てくれたりして、のんびりと楽しい日々を過ごしました。

いろんな出来事を重ねて、この地とも大分親しくなってきた。

今年になって気づいたのだけど、桜が散った後、藤の花がひそやかに満開でとても気持ちいい。

たくさんのイメージがあるなあ 一つ一つ実現したい。

 

 

 

 

2013 - 2014

 

景色はとても遠くおおきくなっていく

消えてしまうくらい

もう届かないし わからない

そこに感触はあるのだろうか

 

 

やわらかい

あたたかいモヤのような

感触だけが残っている

 

 

 

木造り

 

 

 

他の仕事があって少し間が空いてしまったのだけど、

キャビネットの木取りを進めています。量が多いので大分時間がかかってる。

木理に逆らわず、狂いの少ない木取りを心がける。

なおかつ無駄なく早い判断をしたいのですが、まだまだ修行がいるなと思う。

 

この前、木工家の方々と行った自然食の料理がおいしかった。

小さい頃、この時期になると祖父母の家に行って、夢中でわらび採ってたくさん食べた。

この辺りも昔はたくさんあったみたいだけど、大分少なくなってしまったようでさみしいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

-

 

 

 

変容がつづいている

 

夕方、この時期に虫の鳴き声?と思ったら

カジカガエルという蛙みたい 

 

 

 

 

丸いダイニングテーブル

 

 

Round Table

 Φ1100 H700

ブラックチェリー

オイルフィニッシュ(ウレタン混合)

¥200,000(税込、送料別)

 

丸いダイニングテーブルを制作しました。

正円は魅力的なカタチです。

直径110cmは4人掛けでちょうどいいサイズ。6人でもいけます。

シンプルながら部材寸法や面取りなどディティールに丁寧に設計制作しました。

チェリーは使うほど やさしい味わいのでる、親しみのある材です。